はんこ屋

TOPへ
実印について
印鑑証明について
登録できない印鑑
印材の種類
印鑑について
契印と割印
印鑑の種類と役割
良くある質問
印鑑の怖い話

 

 

薩摩本柘


薩摩本柘とは


象牙や水牛などの角と共に、木製の印材としては古くから使われており、広く愛用されています。多くの印章店では、東南アジア方面からの輸入されている柘が多く使われておりますが、当店では100% 国内産。その中でも最高級とされる鹿児島産の薩摩本柘のみを使用しております。

印材の特徴



植物系の印材としてはもっとも繊維が緻密で、硬度も粘りもあって篆刻に適しております。平常の取り扱いさえ注意すれば、長く使える材質であります。多くの印章店では、東南アジア方面からの輸入されている柘が多く使われておりますが、当店では100% 国内産。その中でも最高級とされる鹿児島産の薩摩本柘のみを使用しております。

印材の手入れ



ご使用の度に柔らかい布などで、印面に残っている朱肉を軽くふき取る習慣をつけるのが、一番望ましい取り扱い方法です。特に柘(つげ)はとてもデリケートな商品です。朱肉には油質が含まれていますので、長年使っていますとそれが染み込んで、枠などの部分がもろくなりがちです。
押印のあと朱肉を拭き取る等こまめなお手入れが、印鑑を長持ちさせる秘訣です。



 
Copyright(C) 2008 はんこ屋 All Rights Reserved.