はんこ屋

TOPへ
実印について
印鑑証明について
登録できない印鑑
印材の種類
印鑑について
契印と割印
印鑑の種類と役割
良くある質問
印鑑の怖い話

 

 

象牙

 本象牙とは



象牙はいろいろな種類の中でも最も朱肉のなじみが良く、使えば使うほど光沢が出、最も高級感のある印鑑材料です。当店では経済産業省認証の本象牙を使用しております。そして、実印などの大切な印鑑においてはもっとも愛用されている印材であります。その天然資源のもつ、肌触り、手触り、高級感が使う人を魅了し、満足感を高め、愛用されています。


 印材の特徴



芯に最も近い部分で、目がきめ細かく最高級の象牙印鑑です。
象牙色という真白でもなく黄ばんでもおらず、独特の落ち着いた色をしていて、また適度な堅さからくる重量感は、誠に心地よい重量感を感じさせてくれます。
耐久性に優れ、押印性、印影の美しさと共に、実用性としても他の材質の追従を許しません。いわゆる”一生モノ”として使用できます。

 印材の手入れ



お手入れは、天然物であるため難しさはありません。水で洗ってもいいですが、その時は水分をきれいに乾いた布でふき取り、日陰干し(直射日光を避ける)の状態であれば汚れや、ほこりはきれいにとれます。光沢を出したいと思われたら、湿った布でほこりなどをふきとり、その後、家庭にある白い色の光沢剤(ワックス)で磨かれた後、布のきれいな部分で軽くこすられたら輝きは戻ります。
象牙は、正倉院のぎょ物に今でも残っているぐらい変化せず、古来よりサンゴ、べっ甲と並ぶ自然の与えた貴重な財産として愛用されてきました。 大切に保存することにより一生お使いいただける印鑑材料です。

 
Copyright(C) 2008 はんこ屋 All Rights Reserved.