はんこ屋

TOPへ
実印について
印鑑証明について
登録できない印鑑
印材の種類
印鑑について
契印と割印
印鑑の種類と役割
良くある質問
印鑑の怖い話

 

 

マンモス

 マンモスとは


今から約9000年〜10万年以上前の氷河期時代に氷点下50度以下の厳しい環境で生息していたマンモス。そのマンモスの牙が今、永い時を経て印材としてよみがえりました。マンモスの牙はロシア・ユーコン・アラスカ・シベリア等で数多く発掘されています。マンモスの肩高は4メートルほど、体毛は赤褐色で長く、牙(きば)は長大です。更新世にヨーロッパ・アジア・北アメリカ・アフリカで栄えました。シベリアなどで凍土から発見されています。その牙から作られた印材です。

 印材の特徴



マンモスは、シベリア土語のmamant(地中に住むもの)から転じたとされています。洪積世時代の巨大象の一種で、全身が長毛でおおわれ,3〜4mもの湾曲した巨大な牙が特徴です。ロシア・カナダ・ヨーロッパ等の地区より出土します。既に絶滅した生物の牙から印材に適した僅かな部分を使っておりますので、大変貴重な一品です。

 印材の手入れ



お手入れは、天然物であるため難しさはありません。水で洗ってもいいですが、その時は水分をきれいに乾いた布でふき取り、日陰干し(直射日光を避ける)の状態であれば汚れや、ほこりはきれいにとれます。光沢を出したいと思われたら、湿った布でほこりなどをふきとり、その後、家庭にある白い色の光沢剤(ワックス)で磨かれた後、布のきれいな部分で軽くこすられたら輝きは戻ります。
大切に保存することにより一生お使いいただける印鑑材料です。

 
Copyright(C) 2008 はんこ屋 All Rights Reserved.