はんこ屋

TOPへ
実印について
印鑑証明について
登録できない印鑑
印材の種類
印鑑について
契印と割印
印鑑の種類と役割
良くある質問
印鑑の怖い話

 

 


契印と割印

契印
 

契約書が2枚以上にわたる場合に、1つの文書であることを証明するために、両ページにまたがって押す印のことを契印といいます。

1つの契印を半分ずつまたがるように、両ページの見開きに押します。
必ず1枚ごとに押す必要があります。
文書の末尾に記名した印と同一の印を押さなくてはなりません。
2名以上の署名者がいる場合は、全員の契印を押さなくてはなりません。

袋とじ
 

各ページが帯で糊付けされていて、容易にはがれなくなっており、勝手に中の1枚を差し替えられないようにしてある契約書を「袋とじ」といいます。
この場合は文章の一体性が明らかなので、裏表紙と帯にまたがるように、1人1箇所に捺印すれば良いといわれています。


割印
 

同じ文面の文書を2つ以上作成したとき、その文書が関連のあるもの、または同一のものであるということを証明するための印です。
契約書の正本と副本、原本と写しのようなものに良く使用されています。


同じ契約書を2通以上作成した場合に割り印を押すことがあります。

割印は契印のように必ずしも記名(署名)の末尾に押した印と同じでなくてもよいとされています。
印鑑の管理

実印と印鑑証明書は別個に保管しましょう。印鑑証明書と実印は二つそろって意味が出ます。ですから、実印と印鑑証明書は個別に保管し、印鑑証明書は必要な部数だけ取るようにしましょう。

印鑑登録カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒にしないこと。 印鑑登録カードがあれば、誰でも印鑑証明書がとれます。 しかし、印鑑登録カードには、本人の住所・氏名が記載されていません。 ですから、印鑑登録カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒に置かないように気をつけましょう。

実印や印鑑証明書は、絶対に他人には預けないこと。できれば家族の者にも預けるのはやめるべきでしょう。実印を預かった家族が第三者にだまされて、事件になったケースも多いようです。

2017/1/25 更新


 
Copyright(C) 2008 はんこ屋 All Rights Reserved.