はんこ屋

TOPへ
実印について
印鑑証明について
登録できない印鑑
印材の種類
印鑑について
契印と割印
印鑑の種類と役割
良くある質問
印鑑の怖い話

 

 

印鑑について

 印鑑の歴史

印鑑は、今から5000年以上前のメソポアミア地方に、その起源があるとされています。当時使われていた印鑑は、円筒形の外周部分に絵や文字を刻み、これを粘土板の上に転がして押印するというものでした。 印鑑を持っていたのは有力者たちで、それぞれが、自分独自の印鑑に紐を通して、首に掛け、必要に応じて使用していたようです。材質は石や宝石でできていました。古代メソポタミアで生まれた印鑑は、その後、世界各地に広まり、東は中国経て、日本へ、西はギリシア、エジプト、ローマを経て欧州各地に影響を与えました。しかし、欧州各国では、印鑑を押すという制度も習慣もほとんど残されていません。
しかし欧州などでもパワーストーン文化は残っています。むしろ日本で販売しているパワーストーンブレスレットなどの細工は、どちらかといえばヨーロッパ調のものが多いかもしれません。パワーストーンははるか昔から、権力者の象徴・金銭の代りとして使用されてきました。金のブレスレットなど触ることができなかった人も沢山居たはずです。 現代日本ではパワーストーンブレスレットなどは値段も下がり、簡単に手に入れることが出来るようになりました。
日本で最古の印鑑は北九州で発見された「漢倭奴国王」と刻まれた金印です。印鑑は、まず、政府や地方の支配者の公の印として使われ始め、平安・鎌倉時代になって、個人の印として印鑑を押す習慣が定着したようです。明治になって、公の印はすべて、法律の規定に従って、管理・使用されることになり、個人の印は印鑑登録制度が導入され現在に至っています。ちなみに、欧米諸国では今日、印鑑を押す習慣はありません。他の国々も、中国などごく一部の例外を除き、印鑑の習慣・制度はないようです。そこで、日本に住む外国人が不動産を所有したりする場合には印鑑証明に代わってサイン証明の制度がとられています。現在に置ける印鑑はよく契約の場面で使われます。


実印・銀行印・認印

実印、銀行印、認印というのはそれぞれ利用される場面での名称です。同じ印鑑でも、使用する目的によって違いが生じるのです。
極端に言えば、街角で売られている安い印鑑でも実印として登録できますし、姓名判断のもとで作った印鑑を認印として利用することもできるのです。 実印は印鑑登録をしたもので、自分自身を証明する大切な印鑑です。銀行に届けてある印が銀行印、それ以外の印を認印といいます。認印は宅急便の受け取りなど、日常生活の中で使っているもので、一人でいくつ持っていても構いません。認印を銀行印として使用している人もいますが、盗用や紛失防止のためには別々にすることをお勧めします。 銀行印があれば手形や小切手が振り出せてしまいます。そういう意味では実印と同じくらい重要な印鑑といえるでしょう。

押印する場所

 記名・署名捺印の場合、印鑑を押す場所は決められているか

記名・署名捺印の場合、印鑑を押す場所は決められているのでしょうか。 法律には何ら制限はありません。ですので、署名した最後の文字の大部分に印影がかかっていても、少しかかっていても、まったく文字にかからなくても、問題はありません。

 止め印とは

止め印とは契約書に余白が生じたとき、その余白に後で余計な文字を書き入れられないように、最後の文字の末尾に押す印のことです。止め印の代わりに、「以下余白」と記載していても同様の効果があります。 これは特に、一部だけ作成して相手方に渡してしまう、いわゆる「差入式」の文章の場合に有効な印といいます。止め印は、署名または記名の末尾に押した印と同一の印鑑を使用します。

 消印とは

消印とは、契約書に収入印紙を貼った場合に、その印紙と下の契約用紙にまたがって押す印のことをいいます。消印の役割は、印紙の再利用を防ぐために押印するだけですから、必ずしも契約書の押印に用いた印鑑でなくてもかまいませんし、その契約書などに署名した、記名者全員で行う必要もありません。また領収書などの発行時、印鑑をもっていない場合は、印紙と用紙の両方にまたがるようにボールペンなどで署名するだけでもよいとされています。


 注目サイト>

最終更新日:2017/1/25

 
Copyright(C) 2008 はんこ屋 All Rights Reserved.